熱交換器プレート

AP&Tの熱交換器プレート製造技術は、高品質で信頼できるはんだ付け熱交換器を、低コストで大量製造することを可能にします。

サイクル時間の短縮および素材の効率的な利用

AP&Tの生産ラインは、高い信頼性を実現し、ロールフィーダーからスタッキングまで、あらゆる生産段階で構成される標準化モジュールで構築されています。その結果、サイクル時間の短縮と素材の効率的な利用をもたらします。特に、生産時に非常に高い繰り返し精度を必要とする複雑なパターンの板金成形に適しています。

1980年代以降、AP&Tは、ヒートポンプおよび地域熱供給組み立て向けの熱交換器プレート用の製造設備を開発し、提供してきました。住居および事務所構内の冷暖房用熱交換器の複数の世界のトップメーカーがAP&Tのお客様です。.

AP&Tは、熱交換器プレートを製造するためのプレス成形用金型も開発します。金型は、銅箔付き、または銅箔なしのステンレス鋼板金を対象としており、厚さ0.25mmの材料から扱うことができます。

ブランクから仕上げプレートまで

  • ラインにはカットされたブランクが供給されるか、またはコイルから供給されます。
  • 自動制御スタッカーが部品を積み重ね、プレートごとに回転させ、積み重ねられた熱交換機プレートパッケージをラインの最後に搬送します。
  • プレス力が3000~120000 kNのAP&Tのエンボス加工プレスは、高レベルのパターン品質を提供します。
  • ラインには、ロールフィーダー交換中のダウンタイムをなくし、可用性を最大限確保できるように、両面デコイラーが備わっています。
AP&Tに連絡する