「世界中のどこに工場があっても、お客様は必要な部品にアクセスできなければなりません。我々は現在、可用性を向上させ、予想できない停止を防止するための提案をどのように開発できるかを研究中です」と、AP&Tのアフターマーケットサービス本部長マグナス・スヴェニンソン(Magnus Svenningsson)は述べています。

AP&Tの目標は、すべてのお客様が機械の総寿命中に最大の投資利益を達成することです。機械は可能な限り24時間必要なときにいつでも作動できるように準備されていなければなりません。 スペアパーツへの信頼性の高い迅速なアクセスは、計画停止と計画外停止の両方を最小限に抑えるという点で重要です。

この必要性に対応するため、AP&Tは強力な地域および現地での強い存在感を確保するためにスペアパーツ供給体制を確立しました。ヨーロッパ、アジア、北米の3つのスペアパーツ用倉庫は、お客様がアドバイスを求めたり発注したりする際に個別にサービスが受けられることを意味します。 通常、最も一般的な摩耗部品はお客様の工場または一番近いAP&Tサービスオフィスにストックされています。

"次のステップはお客様が年中無休でスペアパーツを注文できるグローバルなWebショップを立ち上げることです。お客様が生産設備の稼働状況を監視し、設備に含まれている部品の摩耗程度を測定することができるように、当社はオンラインサービスを同時に開発しています。機械の状態を完全に把握することで、メンテナンスの詳細な計画が可能になり、部品を所定の時間に注文できるようになり、中断が最小限に抑えられ、生産ロスを回避できます。」とマグナス・スヴェニンソン(Magnus Svenningsson)は述べています。

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
AP&Tに連絡する