「お客様が永続的な収益性を生み出すために我々はどうすべきですか?」 
AP&Tにとってその答えは明らかです。それは“イノベーションを通じて”ということ。 昨年、AP&Tは金属成形業界における生産性向上と環境負荷の低減を可能にするいくつかの革新的な製品とサービスを発売しました。

「弊社のお客様の大部分はその製品をより軽く、エネルギー効率をより良く、そしてより安全にすることにたえず焦点を合わせています。 我々の仕事は長期的に収益性が高くかつ持続可能な方法で目標を達成するための総合的なソリューションを開発することです。昨年、我々はその方向でいくつかの主要かつ重要な前進を成し遂げました」と当社のセールス・マーケティング本部長パー・ヨセフソン(Per Josefsson)は述べています。

独自のプレスコンセプト
新規開発の多目的プレスがAP&T製品プログラムに最近追加されました。 これは、より高精度、大幅な高速化、エネルギー消費の最大50%減で部品を生産できる独自のコンセプトに基づいています。 騒音レベルも従来のプレスよりはるかに低く、より良い作業環境の実現に貢献します。

「当社の新しいプレスコンセプトは、達成可能な境界線を移動するだけでなく、より高い柔軟性、より短いサイクルタイム、より低い環境負荷への基礎を築いています。」と、パー・ヨセフソン(Per Josefsson)は述べています。

新世代の自動搬送機
まったく新しい世代の高速かつエネルギー効率の高いプレス用ロボット、トランスファーシステムおよびその他の自動機を使用する事により、AP&Tはリニアオートメーションのトップメーカーの1つとしての地位を強化しています。 新世代の自動搬送機は、これまでよりも約20%の高速化が可能で、大幅なサイクルタイムの短縮そして生産能力の向上を可能にします。 重量とエネルギー消費も大幅に削減されました。 新しいSpeedFeederは、以前のモデルより約10%エネルギー効率が高くなっています。 産業用ロボットと比較して、その差は最大50%にもなります。

さらに開発された多段炉
ホットスタンプ自動車部品用のAP&T多段炉(MLF)は、より高いプロセス安定性と稼働率を備えたまったく新しい設計で発売されました。 自動車産業で起こっている材料の組み合わせの迅速な開発に対応するように設計されています。

ライフタイム・パフォーマンス・サービス
プレス、自動機、加熱炉およびその他の機械の開発と並行して、AP&Tはライフサイクルの全期間にわたる稼働率および性能を最適化するソフト製品およびビジネスモデルにも多額の投資をしています。 ライフタイム・パフォーマンス・サービスと呼んでいる、ニーズに基づく稼働率契約によりオペレータートレーニング、アップグレード、運転状況監視、保守などのアフターマーケットサービスが提供されています。

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
AP&Tに連絡する