車両用の成形部品の高く安定した品質、サイクル時間の短縮、製造工程全体にわたるより優れた制御の可能性。 これらは現在市場に投入されているホットスタンピング のためのAP&Tによる新しい工程監視‐インライン工程監視‐からお客様が期待できるものです。

高温計と赤外線カメラを使用して、プレス加工前後の材料の温度を高精度で測定します。 赤外線カメラが部品表面の熱分布を読み取るのに使用されている間、高温計は特定の位置での絶対温度を記録します。これらはすべて、装置が材料と物理的に接触することなく行われます。 加工された車両部品が所定の材料特性を確実に得るためには、ブランクが正確な温度に加熱、成形および冷却されることが重要です。 精度が高ければ高いほど結果はより良好であり、安定しています。

「当社のモニター装置によりお客様は最終製品をより高品質にするよう最適化し、適切に制御された工程を実現できます」と、当社のプロジェクトリーダーで技術開発担当のJörgenTheanderは述べています。

インライン工程監視は、工程とお客様からの要求を満たすために開発されており、CQI-9などの自動車メーカーの基準を満たしています。

「このシステムは、お客様と協力して製作されたもので、当社の仕様に完全に準拠して設計されています。外部およびウルリスハム(Ulricehamn)にある当社自身のホットスタンピングラインでの1年間以上にわたる 実用運転において試験されました。 結果はきわめて良好で、数社のお客様がすでにこの新システムに投資することを決定しています。

ホットスタンピング技術により、より軽量で高強度の板金部品の製造が可能になり、結果的に、より軽量、安全でエネルギー効率の高い自動車が生み出されています。 AP&Tは、ホットスタンピング用の一貫生産ラインで世界をリードするメーカーの1つです。 当社は、2000年代の初め以来、世界中で100ライン近くのホットスタンピングラインを設置しました。

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
個人情報保護方針を読むには、こちらをクリックしてください
AP&Tに連絡する
個人情報保護方針を読むには、こちらをクリックしてください