新生産設備のご注文をご希望のお客様は当然、本設備の機器設置後、同設備が完全に投資に見合う動作ができるのかを確認したいはずです。このニーズに対応するため、AP&T では、3D シミュレーション向けの強力ツールを導入し、当社の生産ライン、リニアロボットおよびプレス機がお客様の各工場設定でどのような動作をするのかをシュミレーションします。

「サイクルタイムの検証および設備範囲の検査に加え、Visual Components はお客様の工場設定を実際に模倣した環境で 3D シュミレーションを提示するまったく新しい方法を提供しています。シュミレーションをより現実的に表現することができるため、当社ではフォトリアリスティックなシュミレーションの提供も可能です。「ライン上の各個別マシンについて、サイクルタイムをリアルタイムで示すことも可能だ。」と、AP&T マーケティングコーディネータ アンドレアス・ヴァクテル(Andreas Vaktel)は述べています。 

シュミレーションは 3D PDF 形式での保存が可能なため、お客様によるアクセスは非常に簡単です。 

「シュミレーションを確認し、周辺を移動しながら、さまざまな角度から動作状況を検証する。必要なのは Acrobat Reader をインストールするだけだ。仮想現実(VR)を使用してシュミレーションをさらにいろいろな方法で確認できる、無料アプリをダウンロードすることも可能だ。

Visual Components とあわせ、AP&T ではさまざまな AP&T 機器のダイナミック 3D シュミレーションのライブラリを創設した。モデルをはじめから再構築する必要もなく、個別ニーズにあわせて各種サイズ、ストローク長及びその他品質を簡単に変更、試行することができ、結果としてリードタイムが大幅に短縮されます。 

「Visual Components の一般公開用の設備カタログにはダイナミックシュミレーションモデルが掲載されているため、Visual Components の利用者は、他のさまざまな状況で使用することができる。当シュミレーションは、「特に市場の最高の機器を使いたいライン統合担当会社に非常に有効である。」と、アンドレアス・ヴァクテル(Andreas Vaktel)は述べています。

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
AP&Tに連絡する