私たちは今、第4次産業革命の最中にいます。Industry 4.0 といわれるこの変革では、全自動のコネクテッドマシンが互いにつながり、よりスマートで高効率の生産が可能になります。AP&T は、モジュラー型リニアロボットのリーダーとして、製造業界において現在、変革が進んでおり、その可能性は非常に大きなものだとみています。 

「テクノロジーは急成長をみせ、グローバル市場でお客様の競争力を引き上げる可能性がある新しいアプリケーションの機会も出てきている。」 と、AP&T オートメーションプロダクトマネージャ マーティン・サールマン(Martin Sahlman)は述べています。

その1つの例が、AP&T のインテリジェントコネクテッドオートメーション・ソリューションの最新プログラムです。新しいテクノロジーは、生産速度の向上、均質で効率的なフローの強化、信頼性の向上とエネルギー消費の低減の布石となりました。これが最終的に、お客様の生産性の向上を生み出しています。 

「お客様は現在、膨大な量の関連マシンや生産データにアクセスできるため、そのプロセスをこれまでとは全く異なる方法で最適化および統合することができる。生産中断を防止し継続的改善を実行する中で、プランニングサービスやメンテナンスはさらに簡単になっている。」 

第4次産業革命は、コンテンツ、機会および開発速度をみれば、それが独自なものであるのは確かですが、それはすべて、これまでの3つの産業革命の延長線上にあります。プロセスの革命と自動化は、それ自体決して新しいものではありません。 

「物事を常に改善し、効率を高めることは産業開発の特性だ。現代的にいうオートメーションは、第2次世界大戦以後、勢いを得、それ以降、加速を続けてきた。開発の最前線に居続けることで、私たちは、お客様が将来対応を迫られる問題のソリューションを生み続けることができる。また、それは生産容量の最大化に留まらず、むしろ、エネルギーと材料利用の合理化とあわせ、より良い安全な作業環境を構築することである。」と、マーティン・サールマン(Martin Sahlman)。

ファクト
AP&T の提供物には、スマートフォンやタブレット、コンピュータあるいはコントロールパネルを利用したマシンおよびプロセスの管理改善を可能にするスマート機能やサービスがいくつか含まれます。例えば:

  • パフォーマンス監視生産のパフォーマンス、可用性および OEE を表示します。
  • 状態監視マシンのステータスおよびサービス要件を表示します。 
  • プロセス監視温度、フロー等、最終製品の品質を保証する上で、プロセスに重要なデータを表示します。
  • エネルギー監視エネルギー消費の状況を表示します。 
  • リモートメンテナンス遠隔でメンテナンスを行います。
  • 使用状況監視ユーザーにとっての使いやすさを改善するため、マシン/ラインをどのように使用しているかを監視します。

AP&T のオートメーションソリューションについての詳細は、こちらをご覧ください。

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
AP&Tに連絡する